断食と聞くと修行の一環のような気がします

断食と聞くと修行の一環のような気がします

断食って聞くと何を思い浮かべるでしょうか。

仏教で行う瞑想を補助するための修行とかハンガーストライキとかでしょうか。

後は、イスラム教も思い浮かびました。

断食が義務になっているらしいです。

さらには、キリスト教の聖書にも断食するとよいなどの記述があるそうです。

なんだか、思い浮かべるものが宗教とかストライキとか、そんなイメージが強いです。

そこで、修行などの精神世界以外にどんな断食があるのか調べてみました。

調べたときに、一番最初に目に飛び込んできたのはダイエット。

確かにそうですね。

口に入れるものがなければ出るだけなわけですから、痩せる気がします。

痩せるだけではなく、食べないことによって胃腸を休ませることができるのだそうです。

なるほど。

身体を休ませるということは、結構意識するものですが胃腸を休ませることなんてあまり考えないかもしれません。

せいぜい下した時くらいしか胃腸に優しくしていないかもしれないです。

胃腸を休ませるためにはいいかもしれません。

実は、この断食という行為はクセになってしまう方がいるくらいいいらしいのです。

クセになっている方たち、意外といらっしゃいます。

ここで、私はものすごく間違った認識をしていることに気が付きました。

それは、大変大きな間違いです。

断食っていうくらいなんだから、水しか飲めないんでしょ、などと思っておりました。

ですが、実はいろんな種類があり、やり方によっては固形物を食べることもできるとか。

意外と身近に感じてましたが、挑戦している皆さんはいろんな目的を掲げているようです。

その目的によって、水だけで断食をするものもありますが、1日1回は食事OKというものもあるらしいのです。

そういうのを見ていくと、なんだ、修行、苦行じゃないんだと理解できました。

だから、水以外も摂取できる断食の種類もあるのです。

胃を休めるため、また、ダイエットやデトックス効果など、断食にはいろいろ奥が深そうな香りがします。

勉強不足なので、このサイトを見て勉強したいと思います。

断食に興味がある方へ

コメントはまだありません

Comments are closed.

RSS feed for comments on this post.